就活解禁時期の見直しをどう見るか1/5

By | 2014年2月7日

就活ニャビゲーターのハナだよ!

バウワー今日も来てくれてありがとにゃ!
今日から5回に分けて、新しいテーマだよ!
それと、毎回のハナの写真にタイトルをつけてみることにしたよ。
今日の写真のタイトルは「ハナバウワー」かな?
じゃ、またあとでにゃ。

 

就職内定の分岐点 「就活はいつから始めるのか」 <就活解禁時期の改定をどう見るか1/5>

前回は2015年卒の学生を中心とした話でしたが、今回は2016年卒以降の学生の場合はどうかということでお話します。つまり、現在2回生、1回生の方ということになりますね。
この学年の違いによる就活スタイルは確実に違うと思われます。
それは、「就活解禁時期の改定をどう見るか」 という問題です。
皆さんはもうご存じだと思いますが、現在の4年制の大学の2回生が就活を迎える時から、就活解禁時期は「3回生12月」から「3回生3月」と、後ろ倒しになりますね。その分、企業が選考を開始するのも「4回生4月」から「4回生8月」となります。
これを聞いて当事者の学生はどんな風に感じているのでしょうか。
大半の学生は、正直これをどう捉えたらいいのか判っていないと思いますが、中には「遅くなるのなら大歓迎、ラッキー!」と思っている人もいるはずです。そう思う人は危険信号ですからよく聞いてくださいね。

今日はここまで!

忙しい大学生だから、遅くなったらラッキーだよね。
だけど、そう思ってたらいけないってことか。
じゃ、またあしたにゃ!バイにゃ~!
肉球