面接試験前のメンタルケア7/9

By | 2014年3月8日

就活ニャビゲーターのハナだよ!

今日も来てくれてありがとにゃ!ほんとかうら
 今日の写真タイトルは
「ハナの裏側」
と「見~た~な~!」
じゃ、またあとでにゃ。

 

 

就活ノウハウ 「面接試験編」 <面接試験前のメンタルケア7/9>

面接試験前の緊張をほぐすテクニックのひとつ目です。
『面接試験の前日に、下見を兼ねて試験会場へ行きながらイメージトレーニングをする』
受験生が入学試験前日に会場の下見をしておくことは、大失敗を回避するための対策として常識ですね。これは就職試験でも同じことで、当日は確実に約束の時間30分前には到着しておきたいものです。
具体的には、前日に、自宅からの行程をタイムチャートに従ってシミュレーションしておくべきです。しかし、その時にしていただきたい“ひと工夫”なのですが、それを本番のつもりで行うということです。服装、髪型、持ち物、心境までも当日通り、違うのは1日早いということだけです。この時の心境とは、“本番の自分に成りきっている“ということがポイントで、試験直前のドキドキ感を敢えて作り出し、役者の如く演じるということ。もちろん、会場である企業の玄関は通り過ぎ、そのまま近くのカフェなどに直行。そこで、待合室に通されて緊張している自分を疑似体験するのです。忘れ物はないか、髪型や服装の乱れはないかなどまで気を配り、そして、呼び出されて面接会場に入り、自己PRや志望動機を言っている自分を妄想します。
つまり、本番の緊張を1日早く体験しておけば、当日は2度目の体験という状況が作り出せるため、肝心な時の緊張感を抑える効果が期待できるのです。是非ともお試しください。

今日はここまで!

じゃ、またあした! バイにゃ~!表情1
肉球