見えないミットに投げるノーコンピッチャー1/3

By | 2014年2月24日

就活ニャビゲーターのハナだよ!

今日も来てくれてありがとにゃ!ゆううつ
今日の写真タイトルは「ちょっとゆううつ」
じゃ、またあとでにゃ。

 

 

就職内定の分岐点 「内定がもらえない理由」 <見えないミットに投げるノーコンピッチャー1/3>

「なぜ内定がもらえないのか」というテーマで、いくつかのお話しをしてきましたが、今回も何とも過激なタイトルをつけてしまいました。勘のいい方なら私がこれからお伝えしたいことを大体イメージできると思うのですが、そうでない方にこそ、これを機にぜひとも自問自答していただきたいものです。
さて、今回のタイトル「見えないキャッチャーミットに投げるノーコンピッチャー」の投球シーンを想像していただいたら、問題点は2つあることは明白です。ひとつは、どこに向かって投げたらいいのかが判らないということと、もうひとつは投げたいと思っているところにボールを投げ込むことができないということの2点ですね。
就活においては、エントリーシート、履歴書、面接というような選考段階でこのようなことが問題になります。つまり、キャッチャー(企業)はここに投げろとサインを送っている。しかし、ピッチャーである学生の目にはサインはおろかミットの場所すらよく見えていない。結局「この辺だろう」と投げてみればボールはとんでもない所へ行ってしまい、キャッチャーは「どこ投げてんだよ!」で終わってしまう。

今日はここまで!

今日のお友達紹介は昨日と同じ「えびちゃん」えび
ライオンみたいに堂々としてるでしょう。
だから「えびちゃん」って名前はにあわないよね。
・・・そういえば「組長」に変えようかって誰か言ってたなぁ。
じゃ、またあした! バイにゃ~!

肉球