現代にタイムスリップした古代人1/4

By | 2014年2月20日

就活ニャビゲーターのハナだよ!

今日も来てくれてありがとにゃ!がお~
今日の写真タイトルは「がお~!」
ちょっとピントが合ってなくてごめんにゃ。
今日からお話のテーマが変わるんだよ。
じゃ、またあとでにゃ。

 

就職内定の分岐点 「内定がもらえない理由」 <現代にタイムスリップした古代人1/4>

就活中の学生を見ていて「何を今さら」と言いたくなる局面があります。その引き金となる理由はいろいろあるのですが、一番強く感じるのは、まさにこの2月、就活が本格化してきて、会社説明会だ、面接試験だと周りが動く時期になっても「やりたいことが見つからない」という人に出会うことです。
何だか“突然現代にタイムスリップしてきた古代人”と遭遇したような感覚を覚え、絶句してしまうのですが、意外とその遭遇率は高いように感じます。というのは、就活が本格化する以前、志望企業のリストアップやエントリーシートの準備段階で、本人の口からその言葉が直球で出てくるケースだけではなく、最終段階での面接指導をしていく過程や、そろそろ就活も終盤かという時期においても「もしかしたらこの人・・・」という形で遭遇するのです。このような“古代人”タイプの学生の多くに共通しているのは、自己分析や業界・企業研究などの就活の前準備「プレ活」が甘いということだと思います。

今日はここまで!

今日のお友達紹介は「マルの子供達」です。肉球くろKC4A0035
とってもかわいいでしょう。
最初は3匹いたんだけど、最近もう一匹が来なくなって。
心配だにゃー。
じゃ、またあしたにゃ! バイにゃ~!