見えていない企業とのギャップ2/4

By | 2014年2月17日

就活ニャビゲーターのハナだよ!

今日も来てくれてありがとにゃ!紙袋と私
今日の写真タイトルは「紙袋とわたし」
ハナは紙袋が大好き!
特にこの取っ手についた匂いが気になるのにゃ。
じゃ、またあとでにゃ。

 

 

就職内定の分岐点 「内定がもらえない理由」 <見えていない企業とのギャップ2/4>

「自分と企業とのギャップ」のひとつめ、“企業が求めている人材レベルが本人の認識よりも高い”ということについて。社会経験の無い(少ない)学生にこれを正しく認識せよというのは酷な話かと思います。かつてのバブルの時代にはこのギャップは無いに等しい状況だったかと思いますが、就職氷河期を迎えてからはそれが極端に変わりました。しかし、その変化に学生の意識が順応しているかというと大変怪しいものがあります。
学生の意識は“社会は厳しい”という漠然たるイメージしか無く、“どれ程”ということまで理解しようがないと言ったらいいのでしょうか。企業が新入社員を一人確保することに、どれ程のリスクを背負うことになるのか、とか。だからこそどれ程慎重に採用選考を受けることになるのか、とか。その辺の認識を正しく持ち、自分を最大限に高めた上で就活に臨まなければ太刀打ちできない。そういうシビアな意識があるのとないのとでは、結果は大きく変わってくると思います。

今日はここまで!

今日のお友達紹介は「ちゃちゃ」女の子です。ちゃちゃ
ちゃちゃは臆病ですぐに逃げるんだよね。
だからこうやって紹介できるのはめったにないと思うよ。
じゃ、またあしたにゃ! バイにゃ~!

肉球くろ