マインドアップwebセミナー カリキュラム

By | 2014年9月3日

『マインドアップwebセミナー』 カリキュラム

本セミナーは、8つの講座64のテーマで全体を構成しています。

講座1.学生感覚と企業人感覚とのギャップを知る

テーマ1 「人格」という土壌に「能力」という木が育つ
テーマ2 「時を守り、場を清め、礼を高める」というあたりまえ
テーマ3 あなたにとって仕事の報酬とは何
テーマ4 「人の幸せ」にどれだけ関われるかが「自分探し」の答え
テーマ5 ジョハリの窓から見える自分を理解し、自己開示の幅を広げる
テーマ6 「あなたらしく生きる」と「周りらしく生きる」とのバランス感覚
テーマ7 テンションとモチベーションの違いと、その使い分け
テーマ8 「〇〇が無いからできませんでした」は通用しない

講座2.学生モードから企業人モードへのシフト

テーマ9 リーダー(上司)を批判する前にリーダー(上司)の立場でものを見る
テーマ10 悪いことほどすぐに報告、決して言い訳をしてはならない
テーマ11 「仕事は学問にあらず」、学んだことを実践できるかが問われる
テーマ12 人を感動させてこそ「仕事」、そうでなければそれは「作業」
テーマ13 顧客からの感謝の量があなたの仕事の評価となる
テーマ14 「頼まれ事は試されている」と捉え、相手の期待を上回る答えを返す
テーマ15 万全の準備が幸運を招き、大きなチャンスを生み出す
テーマ16 「仕事の成果」=思いの強さとその質×スキル×手段×行動量

講座3.「主体変容」理想の企業人としての在り方

テーマ17 ノウハウやスキルに頼る前に、在り方を身に付ける
テーマ18 出来事への”解釈”の仕方を変えて、”結果”を大きく変える
テーマ19 否定的なフィルターを外して、肯定的なフィルターでものを見る
テーマ20 脳の仕組みを理解し、セルフイメージを引き上げて仕事を楽しむ
テーマ21 過去思考では何も変わらない、未来志向で全てが好転する
テーマ22 思考パターンをHave→Do→BeからBe→Do→Haveに変える
テーマ23 リーダー(上司)の使命「目標達成・部下育成」を心得て動く
テーマ24 「Managing Your Boss」、良い上司は良い部下が作るもの

講座4.目的を持って始めるための意識改革

テーマ25 人は誰しも5つの欲求を満たすために行動している
テーマ26 何をする時も、まずは「何のために」を自問自答する
テーマ27 目的と目標とビジョンの違いを知り、その使い分けをする
テーマ28 その目標の設定は本当に「目的」を果たすことに有効なのか
テーマ29 目標達成に必要な6つの能力を、日々の業務で意識的に磨く
テーマ30 目標達成の障害となる最大の敵はあなたの心の中にいる”LB”
テーマ31 感情をコントロールする5つの法則を理解して味方につける
テーマ32 目標達成のカギは「自分と他者に向けた会話力」にあり

講座5.効果性と効率性を高める時間の使い方

テーマ33 多くのビジネスパーソンが誤解している優先順位の決め方
テーマ34 生産性が倍増する「80対20の法則」、時間は作るもの
テーマ35 頼まれたことはすぐに着手し、聞かれなくとも経過報告をする
テーマ36 何事もシンプルに考え、やらなくても済むことを見極める
テーマ37 選択肢のないことに悩むのは時間の浪費、迷ったら即行動
テーマ38 人に依頼できる部分を考えながら仕事の段取りをする
テーマ39 他の業務への転用を想定しながらその仕事をこなす
テーマ40 仕事のGOALはどこか、QCDを考えてから取りかかる

講座6.目標達成のテクニック「自己管理術」

テーマ41 達成期日と評価指標のない目標は”ただの夢”でしかない
テーマ42 目的を明らかにした上で、長期→中期→短期→週→日と目標を設定
テーマ43 目標には複数のマイルストーンを設定する
テーマ44 目標達成の原動力、ヤル気のスイッチ「Must→Want」思考法
テーマ45 目標必達のためのリスク管理と支援者設定
テーマ46 目標達成に確実に近づくルーティンワーク
テーマ47 戦術・施策を洩れなく洗い出すオープンウィンドウ思考法と「知の移植」
テーマ48 日々の業務をプラス思考で終えるための日誌活用法

講座7.人間関係を円滑にするコミュニケーション技法

テーマ49 組織で機能するための必要条件は「自己肯定」と「他者肯定」の力
テーマ50 傾聴技法の3原則を身に付ければ人間関係が円滑になる
テーマ51 苦手なタイプとの接し方「ア・イ・ス」と、セルフカウンセリングとは
テーマ52 下心のない気配りほど、忘れた頃に思いもよらぬ形と量で返ってくる
テーマ53 「報・連・相」の盲点、相手にはなぜ伝わっていないのか
テーマ54 メンターの選び方と、メンターから何をどのようにして学ぶのか
テーマ55 リーダーシップの本質、人は「愛」に引き寄せられ「力」から遠ざかる
テーマ56 対話による「知の創造」が組織を活性し、会社全体を元気にする

講座8.接客・営業にも活きるプレゼンテーション技法

テーマ57 成果を生む組織とそうでない組織との違い
テーマ58 人称を意識して伝える(Iメッセージ・Youメッセージ・Weメッセージ)
テーマ59 非言語(聴覚・視覚)コミュニケーションを駆使して相手に伝える
テーマ60 伝わりやすい表現技法(ビジュアル・キャッチコピー・箇条書き)
テーマ61 初めの20秒で相手の心を掴み、60秒で話の概要を伝え切る
テーマ62 プレゼンは、まずTCM(Turget・Contents・Medhia)を明確に
テーマ63 プレゼンは、3ステップトーキングと5ステップトーキングを使い分ける
テーマ64 プレゼンには、GIFT(Gap・Inpact・Focus・Thanks)の法則を使う

本講座の狙いと受講対象者などが確認できます。 ⇒ こちらをクリック

講座1から順に、講座内容詳細が確認できます。 ⇒ こちらをクリック

セミナーの実施要領(導入ご検討の企業様)

◇ 全8講座の組み合わせと内容は事前相談の上でカスタマイズ可
◇ 2講座を1STEPとし、全4STEPで受講修了
◇ 1STEPの所要時間は3時間
◇ 受講者は各STEPごとに次回までの課題に取り組む
◇ 課題は日誌を中心としたルーティンワーク(自己管理)が基本
◇ そのルーティンワークが入社後も継続することを習慣付ける
◇ 各STEP受講後に、受講者から依頼企業にレポートを提出
◇ 受講修了時に、受講者ごとのレポートをWill Beから依頼企業に提出

【 Will Beから依頼企業に提出するレポートの内容 】
 配属予定業務への適応能力(マッチング評価)を、次の5つの視点から報告します。
  1)職業観・価値観
  2)ストレス耐性
  3)主体者意識
  4)対人特性
  5)思考特性
  => 受講者本人にはこれらの結果を自己課題として認識させ、改善努力を促します。
  => 企業の配属予定部署(上司)は本レポートを参考に、受入れ準備に活用できます。