メンタルヘルスチェック&ケア

人財育成・組織力強化志向のメンタルヘルスチェック

労働安全衛生法の一部改正を受け、2015年12月1日にストレスチェック制度が施行されました。これを受けて、弊社で開発しましたツールを以下にご紹介します。以下は、厚生労働省からWeb等で公開されているメンタルヘルスチェックをベースに機能拡充したものです。単にメンタルヘルス対策だけに終わることなく、人財育成や組織力の強化につなげることを目的としています。

メンタルヘルスケアのイメージ

STEP1:【メンタルヘルス チェック&ケア】
plant in hands isolated on white background社員一人ひとりがチェックシートに回答し、個別に返される診断票(所属部署平均・社内平均・全国平均との相対比較)をもとに自身のストレス状況を認識します。これを機にメンタルヘルス上の早期セルフケアへの意識付けをすることができます。また、その調査データを部署単位に集計することで、メンタルヘルスケアをライン(部門長を含めた組織)で行うための基礎資料ともなるようにご提供します。

STEP2:【人財育成と組織力強化】
z2チェックシートでは、ストレスチェックと合わせてパーソナルチェック(行動特性・対人特性・職業意識など)を同時に回答いただきます。得られたパーソナルデータとストレスチェックとの相関を見ることで、ストレスが何に起因しているのかを究明する手掛かりともなります。
ストレスという形で浮き彫りになる各部署内の不具合は、業務と個人適性のミスマッチによるものなのか、業務や組織構造上のものに起因することなのかなども見えてきます。これは部署ごとのストレス状況を経営指標のひとつとして数値把握することにもなり、業務改善計画、人事計画、人材育成計画などへと活用展開することができます。

 

問合せサイトへ2